あそこ ピンク

あそこをピンクにする!あそこが黒い

乳首やあそこお腹など全身に黒ずみができますが、それは自分を守るための防御反応です。

 

赤ちゃんを産んだ後しばらく経つとそのような防御反応を取れて黒ずみがだんだんと解消していきます。

 

ですので焦らずに待つことで会社をするのを待ちましょう。

 

生理不順で黒ずみが悪化する時は婦人科に行って診察を受けて原因をはっきりさせないといけません。

 

特に基礎体温が平坦だったりガタガタだったりすることは女性ホルモンのバランスが崩れている可能性が高いので病院に行きましょう。

 

あそこをピンクにする!あそこが黒い

 

皮膚科であそこの黒ずみを治療するには皮膚科であそこの黒ずみを治すことができます。

 

例えばしっかり保湿をして余分な角質を取り除きなるべく刺激を与えないようにします。

 

しかしこのような方法では解消できない黒ずみというものもあります。

 

そこでできるのはクリニックなどで行われる治療です。

 

クリニックで行う治療はケミカルピーリングレーザー治療光治療概要薬の処方内服の薬など色々な方法があります。

 

ケミカルピーリングというのはピーリング剤を使ってざらつきなどを解除していく方法で角質が厚くなっている方におすすめです。

 

英語治療はレーザーで光をあそこに当ててメラニン色素を粉砕していきます。

 

ピーリングや保湿クリームなどとの併用でさらに効果がアップします。

 

概要薬の処方概要薬には漂白機能があるハイドロキノンメラニン生成に携わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノンターンオーバーを早めるトレチノインビタミンa誘導体などをあそこに塗りたくることで黒ずみがだんだんと良くなります。

 

あそこの黒ずみ

内服薬の使用内服薬を飲むことで黒ずみをきれいにする人もいます。

 

一般的に美容皮膚科で処方されているものは抗酸化作用があってシミなどの改善が求められるビタミンcやビタミンeトラネキサム酸などです。

 

過剰摂取しなければ副作用儲からないことからあそこの黒ずみ悪化した時に内服薬が使われることがあります。

 

 

あそこの黒ずみの原因は色素沈着あそこの色素沈着というは黒ずみのもとになります。

 

色素沈着の主な原因はメラニンが発生して皮膚の表面に付着することで起こる黒ずみで汚れではありません。

 

しかしあそこというのは日焼けはするはずがありません。

 

なぜメラニンの生成されるんでしょうか。

 

メラニンが生成される原因は日光だけではありません。

 

圧迫や摩擦こすれなどで刺激がかかると黒ずみが起こることがあります。

 

あそこをピンクにする

黒ずみ以外にも角質が厚くなるかくかという現象が起きて乾燥し肌が硬くなり黒ずみがくすんで見えるということも起こります。

 

どんな方に多いかというとデスクワークが中心で長く座っている方通勤や通学ので自転車を使っている方太っていてまたずれが起きてしまうことあそこの脂肪が少なく骨が骨ばっている方どれも解決が難しい原因ですが、このようなことが続いていると刺激が起こって黒ずみが悪化します。

 

しかし予防策もあります。

 

例えば長時間のデスクワークが避けられないという人は
低反発のクッションを使ってあそこ圧迫しないようにするドーナツ型の耳の形
がよく使っているクッションを使うなどの方法であそこへの圧迫を少なくすることができます。

 

こうしていくとだんだんと姿勢が良くなって肩こりや腰痛喉が治るといった全く黒ずみと関係ないところでのメリットもありますので、是非行ってみて下さい。

 

そして座布団を改善する以外には下着やズボンを改善するという方法があります。

 

サイズが合っていない小さいパンツでひらひらのパンツを使っているなら、それはやめてへんのパンツでゆったりしたものを使うようにしましょう。それであそこピンクにすることができます。